キャンプの利点と欠点 | 最低限のキャンプ装備 | 正しいテント設営指南 | 用具&装備選び 
自炊するや否や | ミニタープのすすめ | キャンプ装備のネット購入指南

キャンプ装備のネット購入指南 ー 失敗しないネット購入

インターネットでキャンプ用品を揃えるには一番のお奨めが「ナチュラム」。月間のページビューが500万というのがスゴイ。実際、旅風で使用している用品の大半はココでの購入。一般のキャンプ用品取扱店と比べても価格もなかなか安い。もう1店舗が「amazon」。こちらも何でも売っている上に安くて出荷も早い。反面、商品を手にとって確認できないし、取り扱い商品数が数十万点と、多すぎてどれがいいのかも判断ができません。このページではネット店舗で購入する際の目安の付け方と、お奨め商品のピックアップをします。

 

テント

 

商品選びの指針
収容人数
メーカー公表の人数はギチギチ詰めて寝れば寝られるというもの。実際は公表値から1名分を差し引いた人数が調度良い。2名用テントなら1名でゆったり寝られます。では、1名用ではどうかというと、インナーテントの幅が重要。最低でも105cm以上のタイプを選びましょう。90cm以下の場合は、ヘルメットや荷物などをすべてテント内に入れて就寝することはできません。その場合は、前室がある程度広めである必要があります。
収納サイズと重量
バイクツーリングでは、テントとシュラフが大荷物となります。なるべくコンパクトな商品を選択しましょう。登山用テントになると1kg台のものもありますが、その分、居住性を犠牲にしています。目安は2〜3kgが妥当でしょう。さらに収納サイズも重要要素です。十分サイズの検討もお忘れなく。重量は3kg台でも、収納サイズが60cm越というのもありますので要注意です。
耐水圧
テント生地の雨に対する強さの基準値ですが、あまり気にする必要はありません。数値が大きいに越したことはありませんが、最近のテントは、実用値以下の生地を使用することはないようです。ただし、1万円を切る安物の場合、インナーのフロア部の防水性能には気を使いましょう。

 

初中級者向けのお薦めテント
Coleman / コールマン
ツーリングドームST

Dunlop / ダンロップ
ツーリングテントR-227

Quechua/ケシュア
QUICKHIKER2



2010年にマイナーチェンジされた、コールマンを代表するソロキャンパー向けテント。マイナー前は前室の形状が円形だったために、施工にちょっとしたコツが必要だったが、今回は直線的にペグダウンできるために、誰でも綺麗に建てられ、しかも従来の2倍近い前室が確保され、雨天でも大人2名が前室で炊事ができる。インナーは前後にドアがあり、メッシュ仕様のため換気もバッチリ。基本を押さえたビギナー向けテント。ただし、重量が4.4kgとかなり重いのが難点。



2009年にマイナーチェンジしさらに進化。インナー吊り下げ式、フレーム端部スリーブインサート式など、質実剛健かつビギナーに優しい造りは逸品といえる。20年以上のロングセラーはは当然といえるかも。ただ、今回のマイナーチェンジで、インナードアのメッシュが2分の1になったことや、従来2本だったフレームがクロス接合された点など、ややマイナス面も見られるが、ソロテントの王道を行っているのは変わらない。重量2.26kgと軽いが収納は大きめ。旅風スタッフ愛用中。なお、付属のプラペグは金属製ペグに買い換えた方が良い。


価格も安くへんてこな形状なのでどうかと思ったが、実物を見たらなかなかイケルので掲載!このテント、フライにフレームを2本通すだけで、インナーごと立ち上がり完成という優れもの(フライとインナーは分離できる)。雨天での設置や撤収でインナーが濡れない!価格の割に作りもしっかりしてる。ものぐさ派の人にはお薦めできるが、フレームの抜き差しはややコツと慣れが必要なので、本番前に必ず練習することを忘れなく。旅風スタッフ3シーズン使用するも問題なし。
初中級者向けのお薦めテント
Dunlop / ダンロップ
ツーリングテントR-327
Mont-bell / モンベル
クロノスドーム2型
MSR
エリクサー2



常に2名でキャンプをするなら、このモデルを絶対お薦めします。基本性能は前述のR226と同じで、サイズが違うのみ。メーカー公表では3名用テントなのですが、旅の荷物と大人2名が寝ると、ちょうど良い広さがあります。天井高もあり、着替えなどはかなり楽ちん。旅風スタッフ愛用のテントです。


特許申請中の独自フレームを採用した室内の広いテント。相対的な造りはオーソドックスで、可も無く不可も無い。強いていえばバックドアがない点と(換気用の小窓はあり)、インナーのメッシュ面積がそれほど多くないために、真夏は厳しそうな気がするが、メーカーの公表では換気機能は充分あるとのこと。


モノはイイが高額なことで知られるMSRの中でも、ビギナーでも手が出せる価格のテント。安かろう悪かろうということはなく、付属のグランドシートを固定してからフレーム→インナー→フライトと建てる方式で、多少の風でも楽に設営ができる優れもの。次期旅風スタッフ用に導入予定!

シュラフ

 

商品選びの指針
使用可能温度域
ほとんどの表示は極限での使用可能温度です。そのため快適に眠られる温度とは違います。目安としては表示温度に10度プラスした数値です。ー10度〜5度と表示された場合、0度であればなんとか寝られ、15度なら快眠できる温度と解釈してください。なお、経験上、この体感温度は、パジャマでシュラフに潜り込んだ場合に近い状態と考えて下さい。
価格と収納サイズ
価格が安いシュラフは中綿が化繊で、高いものはダウンです。化繊はサイズが非常に大きく、ダウンは相応に小型です。購入の際に必ず判断しなければならないのは収納サイズです。クルマ旅ならサイズはどうでも良いのですが、バイクや自転車の場合は大きすぎると携帯できません。
素材の違い
安物は化繊、いいものはダウンですが、その取り扱いが問題になります。化繊については多少の湿気や濡れは大きな問題になりませんが、ダウンの場合は、少しでも濡れてしまうと、まったく保温しなくなります。このような状態で、気温が低い夜の場合はまず眠ることはできないでしょう。ビギナーで濡れに対応する自信がない人は、まずは化繊から購入すべきでしょう。

 

化繊タイプのお薦めシュラフ
4月〜11月 / 実用0度まで 5月〜10月 / 実用6度まで 6月〜9月 / 実用10度まで
Mont-bell / モンベル
バロウバッグ#3
Mont-bell / モンベル
バロウバッグ#5

Mont-bell / モンベル
アルパインバロウバッグ#7


いわゆるツーリングシーズンを全域カバーできるシュラフです。伸縮する特許のゴムで縫製時に仕切を作っているためモコモコしているように見えますが、夏でも十分使える製品。GWの北海道でも快適だった。


ポカポカ陽気になったらツーリングに出かける人向けのシュラフ。#3に対して中綿の容量が若干少な目になっていますが、表地は同じです。


夏場中心にツーリングに出かける人向けのシュラフ。ただし、夏場でも北海道ではやや辛い場面もある。北海道で使うなら#5以上を勧めます。
化繊タイプのシュラフは、湿気など取扱いはラクですが、なんといっても収納サイズがでかい!同じ性能のダウンシュラフに比較すると、体積で6倍くらい違ってきます。自転車旅の人は対象外となるでしょう。バイク旅の人は、なんとか持ち運びができるという感じ。価格的にはダウンの半値に近いため、持ち運びを工夫して、価格優先という向きには十分お薦めです。


※シュラフの画像はリンク先の商品とは異なります ※OFF シーズン中は取り扱い中止の場合あり

ダウンタイプのお薦めシュラフ(650FPストレッチシステムなし)
4月〜11月 / 実用0度まで 5月〜10月 / 実用6度まで 6月〜9月 / 実用10度まで

Mont-bell / モンベル
アルパインダウンハガー 650 #3

Mont-bell / モンベル
アルパインダウンハガー 650 #5

Mont-bell / モンベル
アルパイン ダウンハガー650 #7



ダウンシュラフの中でも廉価版となるタイプ。ダウンの膨らみ度を示す数値が低めの650FP(フィルパワー)なので、収納サイズが800FPタイプより大きくなります。また、アルパインタイプは生地の延びが控えめとなっているため価格が安くなっています。高級ダウンタイプと化繊タイプの中間にあたるため、年に数回程度のキャンプならこれで十分でしょう。

※シュラフの画像はリンク先の商品とは異なります ※OFF シーズン中は取り扱い中止の場合あり


ダウンタイプのシュラフ (800FPスーパーストレッチ)
4月〜11月 / 実用0度まで 5月〜10月 / 実用6度まで 6月〜9月 / 実用10度まで
Mont-bell / モンベル
ダウンハガー800#3
Mont-bell / モンベル
ダウンハガー800 #5

Mont-bell / モンベル
ダウンハガー 800 #7





モンベルのダウンシュラフとしては、買いやすい価格帯です。この上のクラスになると900FPがありますが、これは本格登山クラスで価格も倍。一般的な旅人であればこちらで十分。また、上記のアルパインダウンハガー650FPに比べて生地の伸縮が大きく寝心地が上です。さらに、ダウンが800FPのために収納サイズも小さくなります。自転車旅、バイク旅ならこのタイプが最適。

※シュラフの画像はリンク先の商品とは異なります ※OFF シーズン中は取り扱い中止の場合あり

ページTOPに戻る

マット

 

商品選びの指針
重要なのは熱遮断性
テントを建ててもシュラフだけではまともに眠れません。ソロキャンパーの定番といえるのはアルミロールマットです。値段も安く軽量でバイクや自転車旅向きといえますが、これで快適に眠れるのは、夏場の芝生や砂浜などのように良く整地された所くらい。林間タイプのように枝あり小石あり凸凹ありの地面では、まともに地面の形状がわかるほど頼りない。また、気温が低い春や秋のキャンプではかなり辛い。よくキャンプで寒くて眠れなかったという話を聞きますが、薄いシュラフのせいばかりではありません。実は体温が地面に吸収されるために寒いのです。春から秋までキャンプをするなら熱遮断性の高いマットを選びましょう。最悪の場合、段ボールを敷くという手があります。実はかなり効果的なんです。

 

お薦めのインフレーターマット
ISUKA/ イスカ>
コンフィライトマットレス180

Hilander / ハイランダー
インフレータブルキャンピングマット


Coleman / コールマン
コンパクトインフレーターマット2



旅風スタッフ愛用のインフレーターマットです。空気を強制的に入れて使用すると32mmの厚さに膨らみます。表面にディンプル加工がなされ、滑り止め効果もしっかりしています。GWや秋のキャンプでも無敵です。



無名メーカーの格安品です。スペック的には問題が無いのですが、耐久性などは値段なりかもしれませんので、お試し購入ということであればお薦めします。



旅風スタッフで購入しました。肉抜きがかなり大胆で、その分エアーがかなり入る感じです。そのせいか、空気がパンパンに詰まるため、寝心地はかなり硬い感じです。エアーの量を少なめにして使う工夫が必要ですが、まずまずの製品です。

ページTOPに戻る

ランタン(照明)

 

商品選びの指針
明るさ
照明器具の明るさについてですが、各メーカー、各商品ごとに表記がバラバラです。W(ワット)、カンデラ、ルクス、ルーメンなどです。この単位は、計算式で換算して直接比較するということはできません。Wは消費電力であり、カンデラは光の強さであり、ルクスは光源に照らされている面の明るさであり、ルーメンは光源の光の量を表すからです。そこで、器具を買う際の単位ごとの購入目安は以下の通りとなります。メインはW(ワット)とルーメンです。

■W(ワット):燃焼式に多い表示で、60W以上の表記があれば良いでしょう。100Wなら充分明るい部類となります。LEDの場合は1W以上の製品を選びましょう。
■ルーメン:1ルーメンは蝋燭1本の明るさです。照明器具の場合は80ルーメン以上あれば炊事に使用できる明るさになります。150ルーメンあれば充分明るい部類となります。
テント内使用禁止

テント内では燃焼式のランタンは使用しないでください。テント地はナイロンやポリエステルなどの合繊ですから、ランタンの熱で簡単に溶けます。テント内では電池式を別途用意しましょう。

ランタン上部にタバコをつけると火がつくほど!

 

 

お薦めのLEDランタン
GENTOS / ジェントス
SOL-144S

BRISIE
LEDランタン


GENTOS / ジェントス
EX-757MS



一般的なLEDランタンはテーブルの上に置くと、ランタン自体の周囲に影ができます。灯台下暗しというわけですが、このランタンはその影ができません。そのため、テーブルに置いて使用したり、テント内にで吊り下げて使用する用途に向いた商品です。メインではなく補助としての利用なら100点です!


今イチオシのLEDランタン。USB充電式で10000mAh モバイルバッテリーにもなりiPhoneなら4回充電可能な容量がある。しかも完全防水で水に落ちても平気。光量は4段調整で最大196ルーメンという明るさで、テント内からタープ下まで十分な明るさ。旅風スタッフ愛用中!これは手放せません!! 類似品多数あるが、これは日本語表記&取説付き



通常のランタンモードと、光源を回転させて懐中電灯モードに変身するという優れもの。ただし、ランタンモードはそれほど周囲を照らしませんが、懐中電灯モードで逆さ釣りに使用すると、めちゃくちゃ明るく、けっこう広範囲を照らします。なお、単三4本を使うので本体はやや大きめ。
お薦めの燃焼式ランタン
PRIMUS / プリムス
IPー2245A

UNIFLAME / ユニフレーム
テーブルトップランタンUL-T


SOTO / ソトー
レギュレーターランタン



30年という超ロングセラーガスランタン。世界標準といえるほどの逸品。小振りながらも100Wの明るさがあり、数値以上に明るく感じます。



コスパの高いカートリッジ缶が使えるガスランタンで、横置きも縦置きにも使える点がいい。100Wの明るさがありながらも燃費が良いのもポイントが高い。



マイクロレギュレーター技術を使ったガスランタンで、低温下でも安定した火力を保ちます。値頃感もありお薦めの商品です。ホヤがメッシュで割れない点もいい。
雰囲気重視のお薦めランタン
ロゴス(LOGOS) > 
ブロンズキャンドルランプ

CAPTAIN STAG
ブロンズランタンL

CAPTAIN STAG
防虫ランプオイル500ml



100均でも手に入るミニキャンドルを燃焼させる超小型ランタン。とにかく雰囲気は抜群。食事が終わってテント脇でボーッとするときには最高です。


昔ながらの灯油ランタンです。サイズがでかいのでクルマ旅限定です。旅風スタッフは、防虫オイルを入れて、雰囲気+虫除けグッズとして使用しています。


灯油の代わりにこれを入れると、独特の臭いを発生し、虫が寄りにくくなります。また、灯油に比べ煙も少なく、やや明るいのでお薦めです。

ページTOPに戻る

ストーブ(バーナー)

 

商品選びの指針
火力
ストーブといっても暖房のあのストーブではありません!最低限必要な火力は2000Kcalで、3000Kcal以上であれば申し分ありません。ただ、バーナーは気温と気圧に大きく左右されます。メーカー表示の火力は気温20度での火力と考えてください。どの程度変わるかというと、気温20度で2分でお湯が沸く場合、10度で5分、5度で15分というほど、火力が劇的に落ちます。炊飯や調理の場合、火力が落ちると食事の出来不出来を左右するので、やはり大きな火力があるに越したことはありません。ちなみに気温2度で調理をした経験では、3000Kcalバーナーで焼き肉が満足に出来ない、4000Kcalバーナーで何とか飯が炊けたというレベルです。
風対策
キャンプでは基本屋外での炊事になります。となると、まったくの無風という日は限りなくゼロに近いと考えて下さい。大なり小なり風に煽られます。一般的なストーブの場合、風速2〜3mもあれば炎はたなびき、4〜5mになると、ストーブを囲わなければ煮炊きはできなくなります。また、ストーブの形式にも左右されます。バーナーヘッドが狭い方が風に強く、円形の広口タイプは無力といえるほど弱いです。また、円形広口タイプは収納サイズも大きくなるので、選択肢には入れない方がいいでしょう。

 

超お薦めのストーブ(バーナー)
SOTO / ソトー
マイクロレギュレーターストーブ


マイクロレギュレーターストーブ




SOTO社がついにストーブの革命を起こしました!2008年12月と2009年7月に革新的なストーブを発表しました。従来のガス式ストーブは、低気温とボンベのドロップダウンにより燃焼が著しく低下しました。これを逆転の発想で解決したのです。通常のストーブは気温20℃前後でパフォーマンスが出るように設計されますが、レギュレータストーブは、-5℃(SOD-300)もしくは5℃(ST-310)で最高のパフォーマンスを出すように設計。10〜20℃の温かい気温では火力が出過ぎるために自動的に火力を絞り、燃えすぎを防止するというもの! また、レギュレータの副産物として、火力調整ハンドルをたくさん回す必要があるのですが、その分非常に微妙なトロ火も実現しています。米を炊く人には超朗報です! 旅風ではこのストーブ以外はお薦めしません。(写真のボンベは別売り)なお、同じ方式でラインナップが増えておりますが、価格が安いのは上記2点です。新型は高機能になっていますが玄人向けでしかも価格は2倍です。ビギナーはまずはココから始めるとよいでしょう。

ページTOPに戻る

コッヘル(クッカー)

 

商品選びの指針
サイズとセット
コッヘルには一品ものとセットものがあります。当然ですが、新規購入の場合はセットのを買いましょう。また、サイズが悩むところなのですが、ストーブに専用ガス缶を使うのであれば、250gのガス缶がすっぽり入るサイズが望ましいでしょう。
素材
コッヘルの素材には、アルミ、ステンレス、チタンがあります。ビギナーの人はアルミから揃えることをお薦めします。その理由は、安い、取り扱いが楽、そこそこ軽量であるからです。単に軽量を求めチタン製を揃える人がいますが、チタンは特殊コーティングをされていない製品の場合、ストーブの熱が拡散せず、うまく調理ができません。炭火や薪のような大きな炎の場合に適しているのです。極端な話、ストーブの火では米が炊けません。

 

お薦めのコッヘルセット
Snowpeak / スノーピーク
アルミパーソナルクッカーセット

Snowpeak / スノーピーク
トレックコンポ


Snowpeak / スノーピーク
パーソナルクッカーNo3


とにもかくにも定番中の定番ビギナー向けセット。まずはこれを買い、スキルが上がったら追加すれば良いでしょう。


アルミパーソナルの深底タイプ。米を常に炊くならこのくらいの深さがお薦め。旅風スタッフは10年以上愛用中。


料理好きの人ならお玉とヘラまで付いているこのセットは如何でしょうか?小皿も2枚あり、長期のキャンプ旅ならこのくらいあった方がいいかも。

ページTOPに戻る

小物

 

あるとイイお薦め品
Snowpeak / スノーピーク
ソリッドステーク20

キャプテンスタッグ
ペグ抜取器


キャプテンスタッグ
アルミロールテーブル



一般的にテントに付属のペグは、アルミかプラスチック製の貧弱なものが付いています。これでは、どんな場所にも対応ができません。重量はかさむのですが、鋳物のこのペグに替えることをお薦めします。



テントを飛ばされたくなければペグをガッチリ打ち込みます。固い地面の場合これがなければ抜くことができません。必需品です。



テーブルがあると無いとでは雲泥の差。安い、コンパクト収納、ワンタッチと小型テーブルの名品といえます。
荷物になりますが椅子はあった方がイイ
キャプテンスタッグ
パレット コンパクトチェアミニ

キャプテンスタッグ
トレッカー マイクロイージーチェア


ドッペルギャンガー
アウトドアウルトラライトトレッキングチェア

チェアについては、お近くのDIYセンターなので実物を手に取り選んだ方がよいでしょう。購入の決め手になるのは収納サイズです。ネットで安易に決めると失敗率が高いと思います。実は、チェアではなくピクニックシートを敷いて地べた座りもなかなかいけます。

ページTOPに戻る

小型タープ  /  タープを買う場合、本体以外にもポールと張り綱、自在金具、ペグが必要です

 

お薦めの小型タープ
Snowpeak / スノーピーク
ライトタープ ペンタ

Mont-bell / モンベル
ミニタープHX


Snowpeak / スノーピーク
ウイングポール180cm



旅風で一番のお薦めがこのタープ。相応のサイズがありながら、重量900gで21×35cmという収納サイズが素晴らしい。ただし、軽量コンパクト化のために上質な生地を使っているので値段は高い。が、10年は使えます!


重量1500gで16×40cmという収納サイズはまずまずといえます。ペンタより幕面積は小さく、収納は大きいのですが、その分価格が4割ほど安いので、初心者は買いかも。



これがミニタープにはベストといえるサイズのポールです。スノーピークのライトタープ用ポールは折れます。なお、購入の際は2本買うことをお忘れなく。
Mont-bell / モンベル
アルミタープポール180>

キャプテンスタッグ
カラーテントロープΦ5mm×20m
LOGOS / ロゴス
コードスライダー・10pcs



タープに使うポールは、アルミ製、幅22mm以上、160〜180cmがよい。スチール製は激重なので買わないように。なお、購入の際は2本買うことをお忘れなく。



タープに使う張り綱は概ね24m前後必要です。予備もあった方が良いので2本もしくは30m買って下さい。



自在金具がないと、ビシッとタープは張れません。購入をお忘れなく!
上記にお薦めのミニタープは2点しか掲載していません。それはミニタープでヘキサ型がこの2点しかないからです。他メーカー、他商品でもタープはあるのですが、四角い形状のレクタ型であるか、ミニとはいえない大柄のタープしか存在しません。四角いレクタ型は、設営にコツが必要な上、ヘキサ型より風に弱いという特徴があり、タープビギナーの人にはお薦めできません。初めてミニタープを買うという人は、まずはココから始めて、スキルの向上と共に買い換えると良いでしょう。
ページTOPに戻る
キャンプの利点と欠点 | 最低限のキャンプ装備 | 正しいテント設営指南 | 用具&装備選び 
自炊するや否や | ミニタープのすすめ | キャンプ装備のネット購入指南