キャンプの利点と欠点 | 最低限のキャンプ装備 | 正しいテント設営指南 | 用具&装備選び 
自炊するや否や | ミニタープのすすめ | キャンプ装備のネット購入指南

ミニタープのすすめ

ビギナーにすぐにはお薦めしないが、ある程度経験値を上げたら使ってみてもらいたいのがミニタープ。雨天でもまったく動じなくキャンプが楽しめるアイテムのひとつ。雨以外にも受けられる恩恵はいろいろ。一度使うと手放せなくなります。筆者の場合、タープを建てないキャンプは、年に1回あるかないかという頻度で使い倒しています。

 

ミニタープのメリットは

テントに直雨を受けない----当然のことですが、テントの上にもう一枚屋根を広げるのですから、テント自体に雨や夜露が当たりません。朝、出発の際にフライシートが濡れていると、インナーテントと一緒に収納したくないもの。仮にタープが濡れたままでも、テントとは別収納なので、早々に撤収して出発することができます。

雨天のキャンプが快適----キャンプ場に着いたとき、すでに雨が降っていても、先にタープをかけてしまえば、テントをほとんど濡らすことなく設営ができます。さらに、雨が降っていても、テントの外で炊事や、仲間がいれば宴会をすることが可能なのです。

あると別世界----星空の下でのキャンプと仲間同士の宴会は実に楽しいものですが、夜はかなりの露が落ちてきます。やはり、屋根があるのと無いのとではゼンゼン別世界。タープがあると、晴れていても外に座って話す人がいないもの。人間は、頭上に覆いがあると安心する生き物なんですね〜

目隠しにもな----夏場の混み混みキャンプ場では自由にテン場を確保できない。そんなときに限っていや〜なタイプのキャンパーと隣り合わせになったりします。タープは工夫次第でいろいろな張り方ができます。風向きもありますが、直視されたくない方向を低く張れば、目隠しとなってグンと気楽に野営が楽しめます。

もちろん楽な撤収----通常雨天での撤収は大変です。インナーテントはもちろん、荷物も濡れないように片づけなければなりません。普通のソロ用テントでは、一滴も濡らさず撤収なんて不可能。でもミニタープがかかっていれば、ラクチンポン。まずテントを撤収して広い空間を確保。次にバイクを入れて荷物の積み込み。最後に合羽を着込んでタープを撤収します。

ところでタープって一人で張れるんですか?という疑問に・・・・

ソロキャンパー向けの小型タープなら、何ら問題なく1人で建てることが可能です。ただし、若干のコツと慣れと経験は必要です。また、様々な応用もできますので、徐々に楽しみながら会得して使い倒しましょう。


ミニタープのサイズ。ゴムハンマーと比べたし。テントより遙かに小さい。
ファミリー用はバイクには積めないほど巨大なので、このサイズは驚異的に小さいといえる

スノーピークの場合は変則五角形。これを広げます

尾根になる一端の張り綱をまずペグ止めします

次にポールを立てます。張り綱の長さが合わない場合は調整しながら作業します。
このとき、ある程度自立する程度に張力がかかるようにします。

尾根の反対側の端に廻り、初めに立てたポールが倒れないように綱引きします

尾根の延長上に張り綱をペグ止めします。
これでタープは倒れずに施工することが出来ます

張り綱のもう片方をペグ止めします。
この時は、ポールと最初の張り綱と2等辺三角形を作ります

これで完全に自立します。この段階で張った4本の綱の張り具合を調節します
尾根が真っ直ぐになるくらいビシッと綱を引きます

サイドの張り綱をペグ止めします

風に負けないようにビシッと綱を引きます。ちなみにペグ止めする方向は
延長線上に尾根の中央が来るようにします。
また、タープの壁が風に垂直に当たるように建てるように!

慣れてくるといろいろと応用ができる
この写真はポールを3本使い宴会スペースを広げています

購入時の注意事項

サイズ・形状・用途が様々です

タープには、ソロキャンパー用と、ファミリー用とがあり、さらに四角形のレクタ形状と変形型のヘキサ形状があります。さらにさらに、価格に左右されるのですが、薄手軽量タイプと、厚手重量タイプ素材の違いもあります。この辺の予備知識無しで失敗買いする人を見かけます。価格につられて、1人で建てられない巨大なタープを選んだり、収納サイズがでかすぎて、バイクなどでは運べないという商品を買ってしまう失敗です。次のページで、ネット販売店でのお薦め商品を列記しますので、その中から選ぶようにしてください。なお、タープは場合によってはテントより高価ですので、あらかじめ承知の上で予算を組みましょう。けっして安い買い物ではありません。

ページTOPに戻る
キャンプの利点と欠点 | 最低限のキャンプ装備 | 正しいテント設営指南 | 用具&装備選び 
自炊するや否や | ミニタープのすすめ | キャンプ装備のネット購入指南